福岡県八女市にある八女筑後看護専門学校

看護科

看護の基礎をしっかり身につける

八女筑後看護専門学校 看護科について

准看護師の免許を持った人たちが看護師になるための養成課程です。2年間の全日制で学習環境が整っています。卒業時に【看護師国家試験受験資格】と【専門士】の称号が付与されます。

看護科 カリキュラム(全日制2年)

科目

単位数

時間数

基礎分野

科学的思考の基礎

統計学

1

30

社会学

1

30

スポーツ科学

1

15

人間と生活・社会の理解

人間関係論

1

30

教育学

1

30

文化と生活

1

30

英語

1

30

小計

7単位

195時間

専門基礎分野

人体の構造と機能

人体の構造

1

30

人体の機能

1

30

生化学(栄養学含)

1

30

疾病の成り立ちと回復の促進

疾病の成り立ちと治療Ⅰ~Ⅴ

5

150

微生物学

1

30

臨床薬理学

1

30

健康支援と社会保障制度

保健医療論

1

15

公衆衛生学

1

30

社会福祉

1

30

法と倫理

1

30

小計

14単位

405時間

専門分野Ⅰ

基礎看護学

看護学概論

1

30

基礎看護学方法論Ⅰ~Ⅳ

5

150

基礎看護学実習

2

90

小計

8単位

270時間

専門分野Ⅱ

成人看護学

成人看護学概論

1

30

成人看護学方法論Ⅰ・Ⅱ

3

90

老年看護学

老年看護学概論

1

30

老年看護学方法論Ⅰ・Ⅱ

2

60

小児看護学

小児看護学概論

1

30

小児看護学方法論Ⅰ・Ⅱ

2

60

母性看護学

母性看護学概論

1

30

母性看護学方法論Ⅰ・Ⅱ

2

60

精神看護学

精神看護学概論

1

30

精神看護学方法論Ⅰ・Ⅱ

2

60

臨地実習

成人看護学実習

2

90

老年看護学実習

2

90

小児看護学実習

2

90

母性看護学実習

2

90

精神看護学実習

2

90

小計

26単位

930時間

統合分野

在宅看護概論

在宅看護概論

1

30

在宅看護方法論Ⅰ・Ⅱ

2

60

看護の統合と実践

医療安全・臨床看護の実践

1

30

災害看護

1

30

看護管理・国際看護

1

30

看護研究

1

30

臨地実習

在宅看護論実習

2

90

総合実習

2

90

小計

11単位

390時間

総合計

66単位

2,190時間

教科外活動:193時間

看護科 授業時間

月曜日~金曜日

1時限

9:10~10:40

2時限

10:50~12:20

3時限

13:20~14:50

4時限

15:00~16:30

臨地実習

8:30~16:00

※土・日・祝日は休みのため、家庭・子育てとの両立、またプライベートの時間も大切にしながら学校生活を送ることができます。

看護科の写真(授業風景や注射の演習など)

看護科 在学スケジュール

1年次

4月

入学式

入学時オリエンテーション

親睦研修

エンカウンター

5月

解剖見学

8月

夏期休業

12月

ケーススタディ発表会聴講

冬期休業

2月

特別講演会

基礎看護学実習

3月

お茶の淹れ方教室

特別講義

レクリェーション講座

春期休業

2年次

4月

親睦研修

卒業生徒の交流会

5月 ~7月

領域別実習(前期)

8月

夏期休業

9月~11月 

領域別実習(後期)

12月

ケーススタディ発表会

冬期休業

2月

看護師国家試験

特別講演会

3月

卒業式

在校生・卒業生の声 【2022年4月現在】

看護科在学生の声

在校生

本校の准看護科を卒業後、そのまま看護科に入学しました。 課題やグループワークが多く大変なこともたくさんありますが、友達や先生方に支えられながら知識・技術の習得に励んでいます。また、当校は生徒主体で委員会やクラス運営を行うため、積極性や協調性など人としても成長できるのではないかと感じます。私自身まだまだ未熟な点が多いため、学生生活を通して成長できることも魅力に感じています。  

看護科在学生の声

在校生

県外の准看護学校を卒業し、8年間准看護師として病院で勤務しました。その後、看護師の資格を取得するためにこの学校に入学しました。 2年課程のカリキュラムのため、講義内容が凝縮されており、課題やグループワークが多いと感じることもあります。しかし、お互いに同じ目標を持ち高め合えるクラスの仲間や、どんな時にも相談に乗ってくれる先生方に支えられ、日々学校生活を送ることが出来ています。入学して1年が経ち、課題や技術の習得など辛いことや大変なことはありましたが、日々の勉強や演習などを通して、理想の看護師になるために成長出来ていると感じます。 この先も、勉強や実習に大変な毎日だと思いますが、同じ目標を持つクラスの仲間と共に支え合い、理想の看護師になれるよう、知識と技術を身につけていこうと思います。  

看護科在学生の声

在校生

県外の准看護学校を卒業し、看護師の資格を取得するためにこの学校に入学しました。 クラスメイトには臨床経験を積んでいる人もおり、グループワークなどでは色々な意見が出るため、とても勉強になります。これから、実習が始まるので、みんなで協力しながら頑張りたいと思います。そして国家試験に向けて勉強も両立して頑張っていきたいです。  

看護科在学生の声

在校生

県外からの通学であるため、通学時間のこと、母親業のこと、私の場合は年齢的なことと多くの不安を抱えての入学でしたが、看護師になるという同じ志を持った楽しいクラスの仲間、そして家族に支えてもらいながら看護学を習得する日々を送ることができています。今後の実習でも仲間と、良き看護が提供できるようにみんなで切磋琢磨しながら頑張りたいと思います。  

看護科卒業生の声

卒業生

私は5回生として卒業後、久留米大学病院で勤務し、現在はクリニックで地域医療、看護、リハビリの運営管理を行っています。 近年患者様の状態は複雑さを増し、またその支援方法も多様化してきています。そこには「感じ取る能力」すなわち看護師の感性・人間性が重要であると考えます。
本校の理念では、こころを大切にできる看護者を育成するという言葉があります。こころに耳を傾ける教育を受ける事ができ、看護師としても、人としても成長できた気がします。
感性豊かな看護師が誕生し、一緒に働ける事を楽しみにしています。

看護科卒業生の声

卒業生

学生の時、私にとって実習は大きな壁でした。明日は初期計画発表日。しかし書く事ができず先生に相談すると「完璧を書かなくていい。自分が考える事を書けばいい。それから修正していけばいい。」と指導を受け、私の何かが解け初期計画を終える事ができました。自己の努力と先生方の指導力、クラスメイトの仲間力、自習が可能な広い図書室など恵まれた学習環境が後押しとなり、私は最後まで頑張ることができました。そして国家試験全員合格に繋がったと思います。